ヘルペスの主な症状と感染経路とは

ヘルペスとはヘルペスウイルスによっておこる病気であり、ヘルペスウイルスにも複数の種類が存在しそのウイルスの種類によって病気として現れる場所や症状も違います。
ウイルスの種類として代表的なのが単純ヘルペスウイルス一型と二型、水痘・帯状疱疹ウイルスです。

単純ヘルペスウイルス一型は口唇ヘルペスや角膜ヘルペスを引き起こす原因となるウイルスで感染すると口周りに水ぶくれができたり目が充血したりします。
このような症状が出ている間は病変部から常にウイルスが出ている状態になりますので手で触って体のほかの部分を触ると、触った部分も感染してしまう、いわゆる自家感染を引き起こしてしまいます。
単純ヘルペスウイルス二型は性器ヘルペスの原因となるウイルスで、感染すると性器周辺に激しい痛みやかゆみが生じます。
性交やオーラルセックスなどの性行為で感染する場合がほとんどです。

水痘・帯状疱疹ウイルスは主に子供が感染しやすいウイルスで、くしゃみなどの飛沫感染や接触感染などを主な感染経路として、感染すると水ぼうそうや帯状疱疹になります。
水ぼうそうは生涯に一度しかかからない病気として有名ですが、理屈としては最初に発症した際にできた抗体が長期にわたり体内に存在するためにウイルスを持った人との接触や患部への直接の接触でも感染しないということになります。
帯状疱疹は水ぼうそうにかかった経験がある人がなりやすく、ウイルスが体内に潜伏していて免疫力が下がった時に、腹部や背中などに主に帯状に病気が発生するものです。

感染経路として、基本的にヘルペスウイルスは空気感染することはありませんが、感染力が非常に強く、病変部を触った手で持ったコップやタオルなどを別の人が触って目や口などの粘膜部分に触れてしまうだけでも感染する恐れがあります。
性器ヘルペスなどと照らし合わせても、基本的には病変部との接触による感染がほとんどですが、ウイルスを含んだ唾液がくしゃみやせき、会話などで飛び散って他者へ病気の感染を引き起こす飛沫感染などもあります。

ヘルペス治療薬「バルトレックス」とは

ヘルペスの治療薬にバルトレックスというものがありますが、バルトレックスとは第一世代の抗ウイルス薬のゾビラックスに改良を加え、体への吸収率を高め飲む回数を減らした第二世代の抗ウイルス薬です。
バルトレックスは飲むタイプの薬であり薬剤を注射器を用いて体内へ注射する治療法と比べて安全性が高いのも特徴です。

バルトレックスは単純ヘルペスウイルス一型や二型、水痘・帯状疱疹ウイルスに効果を発揮する抗ウイルス薬で、体内の細胞を活性化してウイルスの複製を阻害する効果がある薬剤です。
体内に吸収されやすい特徴があるので飲んでから効果が現れるのが早いですが持続時間に限りがありますので一日に数回服用する必要があります。
性器ヘルペスに対して効果が大きいという特徴も持っていて再発の抑制のために飲むこともあります。

バルトレックスは安全性が高く用法や用量をきちんと守っていれば副作用が起きることがほとんどないのが特徴です。
ごくまれに頭痛や眠気やめまい、下痢や嘔吐や腹痛、腎障害や排尿困難や尿閉、蕁麻疹や発疹、呼吸困難などの副作用が起こることもありますので使用の際には注意が必要です。
また飲み合わせが悪い薬としては気管支喘息の薬のテオフィリン、痛風やペニシリンの薬のプロペネシド、胃潰瘍の薬のシメチジン、臓器や肺の薬のミコフェノール酸モフェチルなどがあります。
これらと一緒に服用すると重篤な副作用が現れたり病気の増悪などの恐れがありますのでバルトレックスを服用する際にはこれらの薬や他の薬を服用してないこと、他に病気を患っていないことなどの確認を忘れないように注意することが望ましいです。

どうしても不安があったり使用の際に聞いておきたいことがある場合などは専門の医療機関を受診し、医師の指示に従いながら治療するのが安全です。